qmon とは GUI を持った UGE のコマンドツールです。qmon をご利用になると GUI を利用して qsub したり、 qstat 相当の表示を見ることができます。

現状では、NoMachine へ接続してからの利用が簡便です。

GUI ログインの NoMachine での qmon の利用

  1. NoMachine で SHIROKANE にログインします
  2. 「端末」にて qlogin します
  3. qmon コマンドを実行します

CUI ログインでの qmon の利用

qmon は、X ウィンドウシステムを利用しています。 X ウィンドウを使える準備の後、下部の手順を実行してください。

Windows をご利用の方は、 X サーバソフトが必要です。 Windows 用 X サーバソフトとしては Xming、 ASTEC-X や WiredX 等があります。

上記ソフトウェアをご利用の際には、パーソナルファイアーウォールの設定にご注意ください。

  • 使用するポート
    • ASTEC-X: 6000/TCP
    • WiredX: 8000/TCP

macOS をご利用の方は、購入したままでは X サーバソフトがインストールされていません。 XCode と印刷された CD が購入時に同梱されており、CD 内の X11 をインストールすることで X サーバになることができます。あるいは、 Apple 社の Web サイトから X11 を無償でダウンロードすることも可能です。また、 XQuartz などの X サーバのフリーウェアがあります。

X サーバソフトによっては、 SHIROKANE のログインノードにおいて環境変数 DISPLAY の設定が必要である場合があります。また、ご利用されている PC 上で xhost コマンドの実行が必要である場合もあります。

また PC 以外の準備に、接続元のネットワークの管理運用ポリシーにより、 X サーバである PC までの通信経路がふさがれていることがあります。この場合はネットワークの管理者にご相談ください。

  1. X11 フォワーディング設定を有効にして slogin.hgc.jp にログインします
  2. qlogin します (ログインノードでは qmon は実行できません)
  3. qmon コマンドを実行します