利用料金 (民間機関)

2020 年度の利用料金は以下の通りです。

SHIROKANE 民間機関向け料金表

PDF 版 SHIROKANE 民間課金表

SHIROKANE 民間料金 スタンダードコース
SHIROKANE 民間料金 プレミアムコース

追加可能なリソース (民間)

SHIROKANE 民間料金 ホーム Disk 追加 月額 6,000 円/Ti バイト
SHIROKANE 民間料金 アクセラレータ V100 追加 月額 36,000 円
SHIROKANE 民間料金 アーカイブ Disk 追加 月額 500 円/Ti バイト
SHIROKANE 民間料金 専有追加 月額 15,000 円
SHIROKANE 民間料金 共有追加 月額 36,000 円
SHIROKANE 民間料金 技術支援 1 SP あたり 5,000 円
SHIROKANE 民間料金 計算ノード Fat 追加 月額 4,500 円

  • 民間機関が利用できます
  • 試用コースは 1 か月間のみの利用です
  • グループ内でストレージや計算リソースを共有し、ジョブを実行できます。利用料金は定額で CPU 時間課金はありません
  • グループのユーザ数に制限はありません。ユーザ数による課金はありません
  • 1 ユーザが 128 以上の UGE ジョブを同時に実行するには、ユーザ起因の障害の防止を目的とした HGC スパコンライセンス認定試験に合格する必要があります
  • データのアップロード・ダウンロードは無料です。データの転送課金はありません
  • 月ごとに利用内容を変更できます
  • 月ごとの支払いや使用開始・終了時、年度末の一括払いにも対応しています。返金は受け付けておりません
  • 利用可否の審査は、土・日・祝日と年末年始をのぞいた 5 日間で行います
  • 利用規程や課金体系は、年度ごとに見直します
  • すべて税込みの価格です

民間利用によくある質問

利用規程の第 11 条に記載の報告書は、 SHIROKANE を利用することで得られた公表した成果がある場合にご報告いただいています。詳しい内容は必要はなく、論文や書籍であればそのタイトルを、 Web サイトであれば URL を、講演や発表会であれば日時場所等をご報告ください。

利用終了時または、年に一度の頻度でご報告いただいています。報告書に様式はありません。テンプレートがご入用のときには、継続利用手続きのページの「3 成果物リスト」の形式をご利用ください。

特別に秘密保持契約を結ぶことは可能です。雛形がありますのでお問い合わせください。なお、センターは利用者の SHIROKANE の利用のすべてについて利用者からの開示なく知り得ることはありません。また、知り得た秘密情報をその利用者のサポートに用いること以外にありません。

Load More

過去の利用料金