SHIROKANE のシステム

当センターのスーパーコンピュータ (以下 SHIROKANE) はライフサイエンス分野専用のスーパーコンピュータとして、国内最大の演算性能を持ちます。 SHIROKANE は、2015 年 1 月から稼働しているシステム (以下 Shirokane3) の アーカイブディスクと 2017 年 4 月から稼働しているシステム (以下 Shirokane4) と 2019 年 4 月から稼働しているシステム (以下 Shirokane5) で構成されます。 演算性能は、合計で 1,250 TFLOPS 以上、ストレージ容量は、30 P バイト余りを備えます。 このような莫大な量の計算機資源を有することで、ゲノム関連研究分野における需要に対応しています。

2019 年 4 月から運用開始

Shirokane5

2017 年 1 月から運用開始

Shirokane4

2015 年 1 月から運用開始

Shirokane3

システム履歴

本ページでご紹介しておりました、過去のシステム情報につきましては、以下からご参照いただけます。