よくわからない

UGE: Univa Grid Engine は Univa 社によって開発された、グリッドコンピューティングシステムを構築するためのソフトウェアです。ジョブを管理するプログラムです。

UGE を利用することで、1 台のマシン上で実行していたプログラムを、複数の計算機で円滑に逐次実行することが可能となります。 SHIROKANE は、UGE による利用を前提として設計されたシステムであり、SHIROKANEユーザUGE を利用してジョブを実行します。

詳細な使い方については、スパコン Wiki や講習会資料をご参照ください。

UGE を利用するメリットとは?

  • ジョブを発行することで、多くのプログラムを同時に実行できます
  • UGE が自動でスケジューリングを行うため大量のジョブを円滑に実行できます
  • 1 つのプログラムに複数のパラメータを設定し実行する Array Job (アレイジョブ) 機能が利用できます
  • GUI を利用したジョブの発行も可能です

UGE の仕組みから見る気をつけること

  • UGE はジョブのプログラムを並列化して実行するわけではありません。システムにある計算ノードをモニタリングしつつ、 qsub されたジョブを適切な計算ノードで逐次実行するソフトウェアです
  • ジョブが参照するファイルは、ホームディレクトリ等の全ての計算ノードから共有して参照できるディレクトリに設置してください。 /tmp/ram 等の計算ノードのローカルディスクには、入力ファイル、中間ファイルを設置することは可能ですが、最終出力結果ファイルをホームディレクトリ等に回収することを忘れないでください。またローカルディスクにファイルを残したままにしないでください
  • ジョブが使用する CPU コアの数をオプション -pedef_slot 等により正しく UGE に要求する必要があります

強く関連するページ

その他の関連するページは Category:Univa Grid Engine をご覧ください。

GE、OGS、SGE、 N1GE、 OGE とは

HGC や他のスパコン Web サイト、UGE の資料や変数名に、 UGE ではなく GEOGSSGEN1GEOGE という表記があることがあります。これらはどれも過去のグリッドエンジンの名前です。基本的に現在の UGE と互換がありますので Web サイトと資料では、 UGE に読み替えてお読みください。変数名は SGE のまま変えずにお読みください。

  • GE (Grid Engine): 初期に提供されていたオープンソースのフリーソフトウエアです。 有志により開発・保守が行われている Open Grid Scheduler へ引き継がれます
  • OGS (Open Grid Scheduler): 過去に提供されていたオープンソースのフリーソフトウエアです。GE 開発に関わっていた有志により開発・保守が行われていました
  • SGE (Sun Grid Engine): Sun Microsystems 社が提供していた有償ソフトウェアです。後に N1GE と名称が変わります
  • N1GE (N1 Grid Engine): Sun Microsystems 社が提供していた有償ソフトウェアです。後に Oracle 社 が Sun Microsystems 社 を買収したことにより、 Oracle Grid Engine へ引き継がれます
  • OGE (Oracle Grid Engine): Oracle 社が提供している有償ソフトウェアです
  • UGE (Univa Grid Engine): N1GE 開発チームのメンバーが現在所属している Univa 社により、N1GE の機能を引き継いで提供されている有償ソフトウェアです